2010212十字架

父の日のプレゼントにと息子から映画のチケット二枚
二枚と言うことは私の分?

以前から「見てきたら」とお薦めの映画「青天の霹靂」
を是が非でも見て欲しいとの彼の策

今までも薦められても時間が無かったり主人と
スケージュール調整出来なかったり・・・
自分が見て良かったと思う映画を共有したいらしい

私もお芝居やコンサートでもその様な思いはいつもあるので
気持ちはわかる・・・しかし今回は腰の重い主人

サッカーに野球・ゴルフと今はスポーツ観戦好きには
見るのに事欠かないスケジュール

母としては折角の息子の気持ちを無にしてはと
主人の重い腰を上げる知恵を絞り
終了間近になった今日に漕ぎつけた

映画は最初重いかな?と思って見ていたけれど
途中から意外な展開になって私自身と重なる
部分もあって涙が出そうに

彼が何故見て欲しいと言ったか分かる気がした

「人生辛すぎる」と言っていた主人公が
「生きる意味」を見つけた時は思い出すだけでも
ウルウル。。。

なぜ自分が存在するのか分からない
存在する事すなわち価値があることに
気付かないから苦しくなるかな?
と思わせてくれる映画でした

主人曰く「テレビで見てもいいかも?」
否、父の日のプレゼントですから。。。

と言いながら、主人には感想を求めず
私に聞くあたり、二度目の母の日を貰ったのかな?
と一人で微笑みながら久しぶりでブログに向かいました



スポンサーサイト

ジェットコースターのような日々

少しずつ春へ

comment iconコメント ( 1 )

No title

makoさん有難うございます
そうなればよいですね?

名前: DIVA [Edit] 2014-07-04 22:40

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)