夕方 姪がもうすぐ私のお誕生日なのでブーケを持ってやって来ました

「伯母さんいくつになったん?」「えっと36歳・・・かな?」と
30歳の姪相手に答えてしまった('_')
悶々としていた重~い今日一日が彼女との会話で少し軽くなりました

ブログには残るので重い事は書かないでおこうと思っていたのに
最近はどうも景色が変わって来た様な

悶々としていた事の一つの理由として
ずっと気づいても気付かぬふりしていた事
また私の中の価値観と(育った環境にもよるかも知れません)
あまりに違っていて気付かなかった事が一つ二つと見え出して
ダ===っと堰を切って露わになって来たからかな?

もう十年以上もお世話になっているお稽古事
忙しい日々を送っていた私がその場に行く時だけは
自分の為に楽しもうと決めて淡々とそれを実行して来ました
ほんと私らしく居られる場でした

色んな人間関係があったけど自然と解消されたり
考え方や見方を変えることで気になら無くなったりと
10数年を今までとは違う視点で乗り越えて来ましたし
クラスメイトにも恵まれていました

更に何年か前には?新しい方が入り賑やかになってとても嬉しいでした

ズンズンズン=====音がしそうです

何年かを経た今
朱に交わればでしょうか?
その場では夫、家族の職業・自分の学歴・職歴
育った環境、おしゃれに関することまで関係無い
私自身が大事!と思ってこの十数年やって来ました

「あなたは先生のお気に入り!」なんてことは可愛い(-_-)zzz
もう慣れっこになっていますから平気ですが

お洋服の値踏み!育った環境への嫉妬!誹謗!
持ち物のチェック及び難癖!etc.・・・

帰り道は皆で駅に向かい出来る人は一緒に昼食をとるのですが
自分の嫌いな人の横に座らない為に延々と入り口を塞いで
ご自分が一番後で好きな位置に着ける様にと
たまには自分の好きな席に座りたいのに押し付けられる形で
席順も決まり。。。

足が遅いと罵声を浴びせるのにご自分はお気に入りさんと
最後列からついて来て人の後姿を見てはお決まりの会話や内緒事
それが聞こえるからたまっちゃもんじゃない

何故か?それを良しとする方が出来て来たので私は混乱しているのです

彼女が大嫌いなその方を皆も嫌っている訳ではないので
場は少し和みますが嫌われていると分かっている(大人だと思います)
その方が気配りを示されると「触るな!」に近い言葉で暴言を吐くのです

言っておきますが女性です!

でも誰もそれを咎めない・・・のも私には気持ち悪い

私は「彼女に嫌われている女性の部」の1か2位に入るので
食事の場を考えると口出しも出来ず

ここには余りにもリアルすぎて書けない事が山ほどあり
書いてしまうと支障が・・・私自身も護りたいし・・・

世の中には立派な人が沢山おられます
そう人ほど謙虚でウイットに富んで人を和ませていらっしゃる

蟻の程の事で自尊心が傷つきそれ以外の事でご自分がどれだけ
立派であるかを全く関係のない時間に言い出したり

マンション経営をしている人あらば賃貸料を聞き出し
結局はご自分の話へと導いて行く
誰もそんな事気にしてないのになあ

この十数年私自身を育てたいと
未熟な私が私らしくしかし人としての成長を願って歩んできたのに・・・

何と言う事でしょう?
あれだけ公平に物事を見て決して家族の事も誇らなかった方までが
・・・自分中心の・・・
一人が二人になり三人に・・・伝染して行っているような
こんな事ってあるのでしょうか?

とても大切に思って来た場でした
先生がお辞めになるまで続けたいと・・・

思い出沢山の10数年をこんな人達の為に終わりにしたくないと
悶々とていたのです

一番で無いと駄目!を保ち続ける為にどれだけ傍若無人に
振る舞うのでしょうか?
一人の人は「私は揉め事は嫌なの」と言います

私もです 
何があっても「負けるが勝ち」と貫いて来ました
余程の時は反論しますがその時は最後です
私は人が苛められているのを見て見ぬふりは出来ません

綺麗な水に一滴油を垂らしただけももう魚は住めません
の様に強烈な個性が伝染する事もあるのだなあと熟く思います

子供の頃は正しく清く生きなさいと習いました
人それぞれの清さが違うのですね?
答えを探しています

         DSC_0184.jpg
スポンサーサイト

百円のフランス

梅ジュース

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)