昨日はアレンジフラワーの日
暑くてお花が持たないので色々工夫して下さる先生

先月はドライフラワーとフェイクを使って             DSC_0159.jpg

今月はまるでレイでも編むようにひたすら紫陽花を編み込みました
    DSC_0204.jpg       DSC_0205.jpg

最初はもたつきながらも最後には「もっと編みたい」という気持ちに
少女時代の編み物や折り紙の様な無心を味わいました

レッスンは毎回パートナーや曜日が変わります
私は混雑を避けてなるべく土曜日のレッスンは外すのですが
今回は先生のご都合で土曜日に 

パートナーは初めての御嬢さん
ミニスカートに下駄とポニーテールと個性的なしかし
お顔は目つきがしっかりとして浮いた感じが無く優しい雰囲気の御嬢さん

お年を聞いて17歳と・・・びっくり 
それくらいしっかりしたお顔立ちなのです
スマホにへばりつく感じでもないし

年の近い御嬢さんをお持ちの先生は彼女を触りたくて仕方がないらしい
私は怖い姪しかいないのでちょっと引いてその様子を見ていました

先生が「どうしてこの若さでお花を習おうと思ったの?」
「学校をやめたので、先生が出来るだけ色んな人と話しなさい
とアドバイスを お母さんもあなたが好きなことしなさいと言うので
好きなお花に触れたいと習いに来ました」と。。。

17歳で??先生も私も多分同じ思いだったと
で「どうして学校やめたの?」と先生が
「年輩の人と話すときは平気なのですが同年代の人とは
テンパってしまって話せなくなるのです」と

本当に私達とはこの様な会話が成立するのに
不思議ちゃんでした
17歳とは思えないレッスン風景
私も側に居て彼女と歳の差を感じないで話していました

終わった後
お店の中のお花を一回り見て「お先に失礼します」と

思いました
そりゃ合わないだろうな~
彼女は大人でした
なので現役17歳の女学生は彼女には幼すぎるでしょう?
ただ若いので現役の女学生に合わせる処世術をまだ持たない

妙に親近感を持って彼女がお店の扉を閉める仕草を
じっと見ていた私でした
彼女が今の個性を温めて素敵に育ってくれると良いなあと願いながら





スポンサーサイト

八月だなあ~

百円のフランス

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)