歩いて五分余りの所にフラワーショップ&フラワーアレンジのお店があります
今迄なら出来るだけ地元のショップには立ち寄りませんでした

しかし一昨年父の看病やホーム探しでくたくたになって何か気分転換をと
何度も入り口の前を行ったり来たりしてお世話になったのがこのアレンジの先生でした

案ずるより・・・で中は豪快に生けたお花に囲まれて異空間が現われました
何より地元にあって地元の雰囲気がしないのです
今でもお店の中に入るとウキウキしてひとりでに笑みが湧いて来ます

DSC_0307.jpg


余談になりますが地元の雰囲気ついでに・・・
以前にも書いた事有るのですが整骨院も
何度も何度もお店のオーナーさんや職種が変わり今度もまた同じ雰囲気?
と思って中々行けなかった整骨院も一つのきっかけがあってお世話になる事に

院内はクラシック(またはジャズ🎶)が流れています
はい、大阪の整骨院にありがちな「○○球団応援歌」や「朝の顔」のラジオが
聞こえてこないのです
疲れて行っているのにあのエネルギーを吸い取る様な
大きなラジオの音に以前は閉口しました

先生は患者さんの名前をサラッとしか呼ばれません
多分気配り・・・それこそ知っているもしくは近所のおばさんと
一緒だと分かったら治療もそこそこに帰りたくなるかも?(笑)
更に動線があっぱれ!!殆ど患者同士は顔を合わさない
それに先生は30代後半の男性ですがカーテンやオブジェが
北欧のマリメッコの物と洒落ているのです♬

あれれ(._.)最近はまっている我が家のプチ模様替え
の事を書こうと思っていたのに
お店の雰囲気の話になっていしまいました

やはり二軒の(お花屋さんと整骨院)からも少し影響を受けているのかな?
涼しくなって動きやすいせいもあるとは思うのですが無駄を整理して
物を探しやすくしたり何年も同じ場所に置きっぱなしにして使わない物は
処分しています
その反面捨てようと思ったのもスリッパ入や中に瓶入れて秋らしい
花入れに変身した買い物籠もあります

   DSC_0324.jpg

DSC_0323.jpg
<写メを撮るのを何度も横切って邪魔をするハナ>

忙しくても時間があってもその使い方は自分次第といつも思います
じっとしていると「物思いの秋」ならぬ物思い過ぎる自分自身に
色々飴玉を目の前ぶら下げて楽しませている食欲の秋です

今日の飴玉はプラントハンガー
頑張りすぎて指が腱鞘炎気味です(笑)

DSC_0312.jpg  DSC_0313.jpg







  
スポンサーサイト

淀屋橋散歩

どうしたものかな??

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)