久し振りに(30数年振り)かぎ針持って帽子を編みました
             
                 DSC_0902.jpg

今年は色んな事をリセットしたり始めたりすることが幾つかあって
新しい美容室に変わったりお稽古事も新しい場所

そのお稽古の先輩が帽子を送るボランティアをされていて
いつも違う手編みのお帽子を被って来られてそこに私の大好きな
レースやビーズを張り付けたアップリケが付いていたのです

暫く離れていた手仕事系の興味が刺激されて思わず私も帰りに
デパートの手芸用品売り場に行ってこの和紙で出来た糸を買って帰りました

型紙を見て驚いたのはうんと久し振りでかぎ針の感覚を忘れていた事
しかも帽子は初めてだったことに気づきました
その夜から幾晩か?最初の一目を何回もほどいては編み直し
(糸がボロボロになって最初の部分は切り捨てました💦💦)
ネットで確認してやっと完成に漕ぎ着けました
最近は何でもネットに出ているからほんと(^^♪便利です

手芸が得意だった母はもう記憶が定かではなくなって
あんなに器用だった母が・・・とちょっと驚いたりもしましたが
84歳にもなれば仕方ないか?と私の何年後かを思いました

7月に入って来客と洗濯物の多い日々を送っていて編み物の出来る
時間は夜の僅かな時間に限られていましたのでこの単純な細編みは
初心者の私にはもってこいでした

本当は途中で先輩に見せた時「あなた!目が大きいわよ!」
「どうすれば良いのですか?」「ほどくのよ!」
どうやら手芸屋さんによって号数が違う様で糸の太さも・・・
やっとの事で編み進んだ所だったのでほどくのが嫌な私は
ゆったりサイズと決め込みただただ編むのが楽しくて終わりました🎶

昨夜は最後の二段は編み終ってしまう寂しさでゆっくり編み進みました
被ってみると置いてあるより数段素敵なんですよ(笑)

何でこの忙しい時期にさらに仕事を増やしている私は何?
しかし忙しい時に限っていつも夢中に成れる物を探している気がします
ガーデニング・寄せ植え・アレンジフラワー等々

編みながら自分の好きな事に夢中になっている時は一種の
大袈裟ですが瞑想状態にあるのかな?無に成れるもの
と思ったりもしました
色んな思いが浮かんでも網目を数える声の方が先行して
どんどん小さくなって行くのでした

今月末は父の三回忌!その前には家業の新事業
頭に乗っける小さな帽子が私の一日をリセットさせて
くれていたのかも知れません(楽しかった~)

今朝、営業の方に頼んであった物が届いたのですが
数が合わない!
問い合わせると慌てて「明日一番に届けます」と

家族は言いました
「つい先日も間違いが有った!一度厳しく行った方が良い!」
即答しました
「言いませんよ」
「先日のミスは初めてで今回のミスは彼女の責任では有りません」
修復できるし十分に間に合う・・・それにきっちり詫びている

この程度の事ではないですか?・・・

言った後で自分でも驚きました
この三年近くの様々な試練も無駄ではなかったね🎶
相手の誠意が伝わればまたこちらの誠意が伝われば
こんなに嬉しい事は無いですから

      1464354064352.jpg    DSC_0829.jpg



スポンサーサイト

見つけました

子どもの様だけど

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)